躁うつ鈴木の療養ブログ

躁うつと発達障害を療養中です。

発達障害(ADHD)と神経伝達物質の関係性とは

こんにちは。鈴木です。

今日の記事は発達障害ADHD)と神経伝達物質の関係性についてお話しします。

 

発達障害ADHD)の方は脳の神経伝達物質の働きが不足気味だと言われています。

神経伝達物質とは脳内の神経細胞の間で情報をやり取りする物質です。ドパミンノルアドレナリンなどがあります。

 

神経伝達物質の機能が十分に発揮されていないと発達障害ADHD)の症状の不注意や多動性があらわれると考えられます。

その為、最近は神経伝達物質の不足を補い、情報伝達をスムーズにするお薬が登場しています。

 

以上が発達障害ADHD)と神経伝達物質の関係性についてでした。

 

このブログでは躁うつ病のことや療養している姿をブログで発信していきます。

ぜひ今後ともよろしくお願いします。