躁うつ鈴木の療養ブログ

躁うつと発達障害を療養中です。

発達障害(ADHD)の方が怒っていた時の正しい対応とは

こんにちは。鈴木です。

今日の記事は発達障害ADHD)の方が怒っていた時の正しい対応についてお話しします。

 

発達障害ADHD)の方は些細な事で興奮をし易いのです。

その為、争い事を起こす場合があります。

一方で、怒ったとしてもすぐに収まり、怒っていたことを忘れてしまう事もあります。

 

今回はそのように発達障害ADHD)の方が興奮していた時の正しい対応についてお話します。

以下のような対応が望ましいです。

 

・怒る原因を考えて理解してみる

発達障害ADHD)の方がどのような理由で怒っているのかを考えてみましょう。

また、プライドを傷つける事は言わない事が大切です。

 

・相手が冷静になるまで待機

発達障害ADHD)の方が怒っていた時は反論したり刺激するような事は絶対に発言してはいけません。

相手が冷静になるまで待ちましょう。

 

・感謝の言葉を伝えてみる

発達障害ADHD)の方は周りから嫌われていないか、信頼されていないかなど否定的な感情にさいなまれる事が多いです。

日頃の感謝の言葉などを投げかけてあげる事により、発達障害ADHD)本人が自分を認める事が出来て心に余裕が生まれます。

 

以上が正しい対応についてでした。

 

このブログでは躁うつ病のことや療養している姿をブログで発信していきます。

ぜひ今後ともよろしくお願いします。